真夜中トーキョー

自由な生き方について考えたこと|起業|フリーランス|自営業|

未分類

シーシャ(水たばこ)っていいかもしれない

投稿日:

普段の仕事は自宅かカフェでやっている。

自宅でちゃんと集中して仕事できれば一番効率がいい気もするが、なかなかそうはいかない。

場所が変わることで集中のスイッチが入るということもあるし、いったん仕事しかできない空間に来てしまえば、早く終わらせたいというモチベーションも高まる気がする。

 

自宅から歩いて1分もかからないところにシーシャ(水たばこ)バーがあって、最近そこに行ってみた。

過去にも何度かシーシャバーに行ったことはあって、それなりにいい体験をしたのだが、今回はそれ以上には刺さった。

たぶん仕事の関係で本を読まないといけなかった中で、比較的堅めの椅子のカフェよりゆったり座ってのんびりできるシーシャバーが会っていたように思う。

 

あともう一つ大きな点は、最近紙たばこをほとんど吸わなくなってきたことだ。

以前水たばこを吸ったときは、紙たばこも相当のヘビースモーカーで、水たばこを吸いながら紙たばこも吸いたくなったので、いまいちリラックス感が薄かったように思う。

それが水たばこで十分満足できるようになったことで、あの優しく芳醇な香りを満喫できるようになったのだ。

 

そんなわけで今日は日付も変わろうかというタイミングだが、シーシャバーで上質な仕事時間を過ごしている。

PCでがっつり作業をするようなときには向かないが、本を読んだり軽く書き物をする程度だったらこれはとても良い居場所を見つけた、という感覚である。

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人生の多様化と副業

最近、働き方改革などの流れの中で「副業」というキーワードを目にする機会が増えている。 副業への興味や、経験などについていろいろなアンケートがある様で、結果について共通して読み取れるのは「副業に興味があ …

no image

「脱サラ」から成功へ

一生サラリーマンとして働くことは悪いことではないと思う。 ただし、自分でしっかり選んだ道であれば、だ。   僕は自分で考えた結果、サラリーマンという生き方には満足できず会社を辞めた。 そして …

no image

時間の切り売りで消耗するのを辞めよう

サラリーマンの中でも特に若い世代ほど働くことを苦しく感じていたりするケースが多い。 現状の辛さだけでなく、将来に対する閉塞感を感じたりもする。 僕から言わせればそれは当たり前だし、的を射た危機感である …

no image

一億総フリーランス時代!収入は貰うものから勝ち取るものへ

今回は下記のニュースを取り上げたい。 働き方改革が生む「超格差社会」の波に乗る自信はあるか(ダイヤモンドオンライン) 現在進行形である働き方改革。なかなか実感が得られない場面も多いかもしれないが、政府 …

no image

仕事をサボるのって素敵じゃない?でもズル休みの理由はどうする?

サラリーマンとして働いている人の中で、仕事をサボったことがある人はどのくらいいるだろうか。 僕はある。何度か。 経験がある方は共感してもらえると思うが、憂鬱な休業連絡が終わった後のあの解放感は何物にも …