真夜中トーキョー

自由な生き方について考えたこと|起業|フリーランス|自営業|

未分類

「脱サラ」から成功へ

投稿日:

一生サラリーマンとして働くことは悪いことではないと思う。

ただし、自分でしっかり選んだ道であれば、だ。

 

僕は自分で考えた結果、サラリーマンという生き方には満足できず会社を辞めた。

そして過去の記事でもとにかくサラリーマン以外の生き方を称賛するようなことを書いてきた。

 

当たり前だが、脱サラしたらすべてうまくいくわけではない。

何ならサラリーマンよりも「失敗」的なリスクは圧倒的に大きい。

さらに厄介なのは、事前に周到に計画してもその通りになることなんてごくわずかだということだ。

 

president.jp

 

こんな記事があった。

複数の脱サラ事例が紹介されており、それぞれ成功事例や失敗事例のような色分けがある。でもどれもこれも過程でしかない。

この記事で失敗事例のように紹介された方が、本当に失敗のまま終わるのか。

それとも何かできっかけをつかんで逆転するのか。

それは全くわからないけど、少なくとも野望や夢みたいたものを持ち続けるのを辞めてしまえばほとんどチャンスはなくなってしまうように思う。

 

そういった意思を持つことが第一。

何かしらの行動につなげることが第二。

継続してみつつ、他の行動も並行して検討することが第三。

 

これってとても大変なことのように聞こえるかもしれないが、少なくとも第二くらいまでは、縛られずに生きてさえいれば何とかなる気がする。

 

僕は今、おかげさまで十分生活できるだけの仕事を(個人として)させて頂いている。

しかし常に将来への不安はあるし、少しでも継続性が高くて他者の気まぐれに左右されない収入のモデルを作ろうと考え続けている。

 

今の収入があるうちに、2つ目3つ目の収入の柱を育てていきたいものだ。

 

 

 

 

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

一億総フリーランス時代!収入は貰うものから勝ち取るものへ

今回は下記のニュースを取り上げたい。 働き方改革が生む「超格差社会」の波に乗る自信はあるか(ダイヤモンドオンライン) 現在進行形である働き方改革。なかなか実感が得られない場面も多いかもしれないが、政府 …

no image

仕事をサボるのって素敵じゃない?でもズル休みの理由はどうする?

サラリーマンとして働いている人の中で、仕事をサボったことがある人はどのくらいいるだろうか。 僕はある。何度か。 経験がある方は共感してもらえると思うが、憂鬱な休業連絡が終わった後のあの解放感は何物にも …

no image

【台風24号】朝の通勤ラッシュ・交通の混乱をみて感じたこと

2018年9月30日夜から10月1日未明にかけて、台風24号が関東地方を直撃した。 実際東京23区内に10年以上住んでいるが、あれほどの暴風を感じたのは初めてだったかもしれない。 夜中に風が吹き荒れ、 …

no image

シーシャ(水たばこ)っていいかもしれない

普段の仕事は自宅かカフェでやっている。 自宅でちゃんと集中して仕事できれば一番効率がいい気もするが、なかなかそうはいかない。 場所が変わることで集中のスイッチが入るということもあるし、いったん仕事しか …

no image

現在の「中核派」の活動について思ったこと

ひょんなことから「極左」と言われる共産主義者の現代の活動について調べる機会があった。思想的には全く相容れない部分が多いため、一切感化されていないことだけは明言しておきたい。   共産主義者に …