真夜中トーキョー

自由な生き方について考えたこと|起業|フリーランス|自営業|

雑記

【ニュースの感想】老後資金はいくら必要か

投稿日:

ダイヤモンドオンラインにて”老後資金「3000万円必要」説は本当か”という記事が上がっていた。

※リンクは記事下。

 

貯められる間にしっかり貯めておけ!

個人的に記憶に残った内容は以下の通り。

  • 一般的に老後資金は3,000万円必要と言われているが、最近は1,000万円でもなんとかなるとの説もある。
  • 結論人によるが、必要な支出(年金だけでは不足する部分)を計算し備える必要がある。つつましやかに暮らす以外に、何らかの収入を得る努力をすることも視野に入れれば不可能ではない。
  • どんなに計画しても前提の崩壊(配偶者の死や病気など)により、計画変更を余儀なくされることは多い。1,000万円で良いとタカをくくらず現役時代に溜められるだけ貯めておくべき。

 

自営業者にとって老後はとても不安!

こういったニュース記事の対象はサラリーマン家庭であることが多く、今回のニュース記事もご多分に漏れない。

即ち企業年金まで計算に入れた上で、その不足分を「老後資金」として位置付けている。

比較的若い自営業者である僕自身、公的年金以外の年金はあてにできないためザックリ計算でも上記例に対してプラス3,000万円くらい貯めないといけない計算だろうか。あるいは歳をとっても継続できそうな収入を用意しておく必要がある。

自営業者と一口に言っても色々な人がいる。それこそ年間何千万円も稼ぐような人たちであれば、公的年金分をカバーするだけの貯蓄をしたり、もっと現実的には個人年金などを活用してうまく手当するだろう。

あるいは小規模な飲食店などを営む人の場合、特に定年もなく営業を継続するという選択もあるだろう。

もっとも深刻に考えなくてはならないタイプとしては、サラリーマンよりは多少お金をもらっているけれど、ずば抜けて収入があるわけでもない、しかも65歳になっても続けられるイメージがわかないような仕事をしている場合ではなかろうか。まさに僕のことだ。

僕自身の業種は(意味もなく)伏せさせていただくが、例えばフリーライターやフリーのプログラマー、イラストレーター、ライターなどの方は比較的悩みを共有できるのではなかろうか。

 

社会環境の変化の可能性にどう備えるのか

もう一つ忘れてはならない要素として、記事中に触れられていない「前提の崩壊」がある。

僕は以前から公的年金制度は危ないのではないかと思っている。

基本的に年金制度では、現役世代が支払ったお金を今現在の高齢者に給付する仕組みとなっていたと思う。
少子高齢化が叫ばれて久しいが、一昔前と比べると現役世代の社会保障負担は倍以上になっている。消費税と違ってなぜかそんなに話題にならないのだが。

そしてこれからさらに少子化は進み、老人の数が増える。果たして将来の現役世代は耐えられるだろうか。

年金の話をし始めればきりがないが、とにかく僕は年金制度は今のままの運用は立ち行かず、支給年齢の引き上げや支給額計算の見直しによる事実上の減額などにより、今の受給者世代から比較すると悪化の一途をたどることになると思っている。

さらに国の医療費負担も高齢化の進行と比例して重くなり、何らかの見直しを迫られるかもしれない。

とにかく現在の老後設計の前提となっている社会保障関連が大幅な見直しを実施する可能性は、無視できるほど低くないと思う次第だ。

 

下流老人とか増えるんじゃない?

今30歳代・40歳代の人たちが老後を迎えるころ、それ以前の世代と比較して自分で生活費を用意しなくてはいけない程度が強くなると思う。

現役世代から十分な収入があり、個人としての備えを万全に準備できる人は何とかなるかもしれないが、そうでない多くの人達は多かれ少なかれ経済的に不満のある生活を余儀される恐れがある。

基本的に会社員以外の働き方をおすすめしている立場の僕ではあるが、こういった事情も考えると手放しに良いことばかりではないな、と改めて思う次第である。

-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

低温調理器を使ってみた話

低温調理器をご存じだろうか。 今ひそかにブームになりつつある、と勝手に思っている。 容器に入れた水を加熱し、一定温度に保つことでたんぱく質をいい感じに変性させる器具である。 そもそも低温調理自体はフラ …

no image

東京路線バスの旅は要注意!

とある平日の朝。 ここ数日仕事を頑張ってこなしていたため、この日は特に作業しなくてもよいことに気が付いた。 そこでかねてより興味があった路線バスの旅を敢行してみることにしたのだが、いざやってみるとまあ …